よりを戻す 言葉

よりを戻す時にどういう言葉を相手に伝えたいですか?

好意を伝えるのもいいでしょう。
「前と同じ失敗は繰り返さないよ」
「今度こそずっと一緒にいよう」
というような言葉もいいでしょう。

問題は、それらの言葉を
相手が受け取ってどう感じるかどうかです。

言葉というのは文字として伝えても、声にして伝えても
相手に伝わって、響いて、理解されないと意味がありません。

相手とよりを戻す時に、どんな言葉を伝えたいか
客観的に、そして相手の立場になって改めて考えてみましょう。

「同じ失敗は繰り返さない」という言葉は説得力があるか。
「ずっと一緒にいよう」という言葉が伝わるほど想いは通じているか。
改めて考えてみてほしいのです。

言葉は相手に理解されなければとても軽いものになってしまいます。
説得力が無ければ相手はその言葉をすぐに忘れてしまうでしょう。

今まで努力を続けてきて、相手と気持ちが通うようになるのですから
最後の最後、気持ちを伝える言葉選びも慎重になってみましょう。

復縁のプロや業者ならどんな些細なことでも相談に乗ってくれますので、
一緒に相手に響く言葉を考えてくれるかもしれませんよ。


【問合せ無料】プロの電話カウンセリングで幸せの道を歩む

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。